会社概要

についてTerramark - ipはTerramark-ip(テラマーク・アイピイ)社は2002年の創業以来、北米・中南米全域を対象に、知的所有権に関わる業務を取り扱っております。弊社は、著作権に関する質の高いサービスを効率的にご提供してクライアントの皆様にご満足いただくと同時に、コスト面でも大幅な節減をお約束することを目指しています。そのため一律料金システムを採用し、非常に競争力のある料金設定で商標の出願・更新、特許申請、名称変更登録、知的所有権の譲渡、登録商標権または特許の年間使用料のお支払い等のサービスをご提供しております。

単一窓口システム

「単一窓口システム」により、知的所有権エージェントまたは所有権者の皆様と北米・中南米諸国における業務全般について「単一窓口」を通じてコンタクトを保ち、かつ総コストを削減することが可能になりました。登記証書の発行や手続き終了まで、申請手続きの全プロセスを通じてクライアントの皆様に最新情報をお届けします。弊社はこの分野での経験豊かなプロフェッショナル集団であり、皆様のご要望にプロ意識に徹した効率的な対応でお応えします。

領事認証サービス

ラテン・アメリカ諸国で提出する文書の認証に関する総合的なサービスも実施しております。弊社のサービスには、文書の公証、アメリカ合衆国国務省に対するアポスティーユや認証申請、ラテンアメリカ諸国の領事館に対する認証申請等の業務が含まれます。これは提出先の国の領事館が自国内にない国で発行された文書等の場合に特に有用なサービスです。専門的サービスや諸費用の詳細については、弊社にお問い合わせ下さい

翻訳サービス

弊社は、特許仕様書や法律文書の翻訳サービスもご提供しておりますが、中でも商標取得に必要な製品・サービスの取扱説明書の翻訳には力を入れております。製品・サービスの取扱説明書については、通常は現地エージェントが翻訳したものだけを商標登録出願の際に提出します。しかし、プロセス全体の一貫性を保つことは非常に重要です。一貫性を担保するには、特定の地域を管轄する商標エージェントが現地での使用のために個別に文書を翻訳するよりも、すべての文書を一括翻訳するのが最も効果的です。しかも翻訳料は一括計算になりますから、コストの削減にもつながります。また、製品・サービスの取扱説明書がラテンアメリカ諸国での法律や慣行に合ったものとなるようお手伝いさせていただくこともできます。ラテンアメリカでは、製品・サービス取扱説明書が現地での慣行に適合していない場合、商標局は通常異議を差し挟み、あるいは所見を表明します。従って取扱説明書をあらかじめ現地の慣行に合わせておくことにより、商標局の要請に対応するための不必要な支出を回避することができます。

Terramark-ip社は、アメリカ合衆国、ベリーズ、ニカラグア、ボリビア、アルゼンチン、ブラジル、ペルー、メキシコ、エル・サルバドル、ホンジュラス、チリ、ベネズエラ、ウルグアイ、ドミニカ共和国、グアテマラ、コスタリカ、パナマ、エクアドル、パラグアイ、コロンビアで知的所有権に関するサービス、翻訳業務、認証手続き業務を行っております。

詳細については、弊社ウェブサイトの「」及び「業務」のページをご覧下さい。

メールによるお問い合わせはmail@terramark-ip.com、ファックスによるお問い合わせは +1(206)888-4829(アメリカ合衆国)まで。